top of page

【重要なお知らせ】事業構造改革に伴う価格改定を実施しました。

 2019年11月より「マグ用注ぎ口 森乃雫」を月間60〜80個を目処に販売を開始しました。 価格設定では自身が生み出した商品(特にマグカップから想像できないほど滑らかで垂れ落ちるような注ぎ具合)をより多くの方達に体験してほしいと言う思いから、かかる人件費としては自分だけでしたからコストへの反映は低く設定した経緯があります。


 2022年11月造形メーカーさまから突然の価格改定(倍強...)があり(ウクライナ問題、人件費、輸送費などの影響)があり全体価格を見直したところに 2023年6月に再度造形メーカーさまより価格改定があり、皆さまから一番多い購入数のスタンダードタイプのみ据え置いて、他タイプ(コンボ〜)は一律1000円(材料値上げは1500円/個相当)を加算させていただきました。


 昨年価格改定前の販売数には戻りませんが、お陰様で 材料調達〜製作〜発送、また参考になればとドリップ 動画やスタッキングのご紹介をSNSなどにアップする時間などを重点に置くと十分なご注文を頂いております。


 ただし将来に向けてのビジョンはなく、当時62歳の私がボケるの防止するために生涯現役で過ごせる職となればとの思いが中心なため人件費、開発費などコスト負荷しませんでした。 もう一方で4年間の販売数量は当初に描いていた一生分相当となり、ご購入者さまに対して「私の手が動かなくなれば事業終了」と言うわけには行かず 安心して生涯お使い続けて頂くためのサポート体制は確保する責任が急務となってます。

保証期間を設けていないのは上記の理由がありました。また製品の不具合(ほとんどがお湯を沸かす際に森乃雫を装着したまま熱源にのせる行為により、炎が見えづらい環境で装着した森乃雫の磁石が耐熱限界(140℃/max)を超えて磁力を失うといった症状です。


 現在ご購入後の期限なしで、楽歩京都に返送頂く費用のみご負担頂いたら「磁石修理、作業時間、発送費」は当方負担とし無償対応をしておりますのと、ご購入時のようにお待たせすることはなく、修理依頼品は最優先(受け取り後一日で返送)対応し早期ご返却を心がけております。費用面として将来的には変更するかもしれませんが、極力継続してまいります。

※取扱説明書には上記破損要因は有償としてます。


話を戻しますが、安心して長期ご使用いただくためには、


「私が製作できなくなっても事業継続できる環境のための整備の一環として」


 現在心身ともに充実しているとご報告したい所ですが、ドリルなど振動する工具を使用し小さい物を加工しておりますので、60歳頃から酷くなったバネ指(正式病名:弾発指・屈筋腱腱鞘炎)を両手10本中、二年かけて6本手術をしてます。術後は激痛で指を動かせませんのと完治まで4ヶ月程度かかります。現在ですが多分発症しないだろうと言われていた両手の薬指が酷くなってきてますが、左右を同時に手術をする事は出来ませんので6〜8ヶ月製作できなくなるのが問題なので 完治を諦め極力薬指を使わず作業しながら痛みを我慢してるのが実情です。(磁石交換は道具は使わないので対応はできるかな?)


いつ何が起こるか?このバネ指の問題が事業構造を変えるきっかけで、世の老人さんと同様に終活を思うようになり 問題のワンオペ運営をやめて、販売も個人向けからショップさま向けの卸売専門とし販促にまつわる負荷を軽減するのと、事業が引き継げるように職人さんや営業マンを採用しようかと検討しておりますが、ご購入頂く新規のお客様へのご負担としては販売価格となります。


趣味で行ってる私の条件とは違い、生業とした時に生活できるだけの収入なくしては成り立たないのと、現在の3Dモデル材料は劇的にお安いメーカーさまにお願いしておりますが、一社購買も事業リスク(事前説明なしの値上げや納期、製作途中の増数は注文変更時からの

納期になり分割発送不可)となりますので突然の事業撤退なども考えられるので、近郊のモデリングメーカー(受注に合わせた納期や発注量の途中変更対応)との二社購買にシフトしますので材料価格も20〜30%上がります。


卸販売を中心にする事から現在遊び場(隠れ家)的な工房を閉鎖し、自宅を改装して製作部屋を年末にかけて準備も同時にします。


もともと1年半くらいは自宅玄関で製作してたので、製作専用部屋が在れば十分です。 注ぎ口を見たい体験したいと思って頂ける皆さまには 寛げる空間は無いかも知れませんが体験頂ける事は可能です。


ご購入を検討頂いている皆さまには申し訳けありませんが今回の事業構造改革にともなう価格改定を何卒ご理解いただけますよう宜しくお願い致します。





閲覧数:107回0件のコメント

最新記事

すべて表示

昨年から連続の価格改定

大変ご迷惑をお掛けしております。 昨年11月に突然の造形メーカーからの価格改定連絡があり、事前準備もなく当方も改定を余儀なくされましたが、 今年5月末日に更なる値上げ連絡が来ましたので、当年6月13日受注分より造形一個当たりの値上げ分1000円(1100程度ですが切り捨ててます)をComboタイプ以上の仕様に対して値上げを実施し、スタンダードタイプは据え置きで対応する事にしました。 メーカーいわく

bottom of page